ユーキ式名古屋ご当地ソング

 名古屋を題材にした曲で知っている曲ってありますか? 東京の曲なんか山ほどありますし、大阪を題材にし
たヒット曲だってありますし、横浜、神戸の曲だって少なくはないでしょう。しかし名古屋を題材にした曲を思い出
せる人なんか名古屋人以外にはほとんどいないでしょう。「名古屋の曲は売れない」というジンクスがあるそうで
すし。
しかしそんなジンクスを打ち破ろうと立ち上がった1人の地方人がいました。その人物こそユーキなのです!(笑)
ただし、私が初めて名古屋の曲を作った時はまだそのジンクスを知りませんでした。

 そんなユーキが作った歴代の名古屋ソングを紹介します。


【夢と希望の街 〜NAGOYA City〜】

 ユーキ(当時は別の名前)作の元祖名古屋ソング! この曲を作ったのは高校2年生の時です。しかしその
後プロの作曲家を目指そうとレコード会社にオリジナル曲を送ることにしたのですが、「名古屋をテーマにした
曲では歌手の人に快く歌ってもらえないのでは?」と思い、メロディーを約半分変えた上、名古屋とは全く関係
のない詞にモデルチェンジしてしまいました。ちなみにモデルチェンジして出来た曲とは、以前ライブで歌っていた
「明日への旅立ち」です。
なお、この「夢と希望の街」の歌詞を記録したノート等は残っておらず、歌詞を思い出せない部分もありますの
でご了承下さい。

●歌詞●
(「・・・」は歌詞が思い出せない部分)

東海道本線 希望の街へ着く いつか来たこの街を思い出していた
風が吹き抜ける街は悲しみしか似合わない 寂しい人へのメッセージだと思うだけだった
・・・・・・・・・・・・・・・・
久屋大通さあ行こう 輝く地下街セントラルパーク
名古屋それは夢と希望の街さ 虹色に輝く街 ここは中部の楽園さ
何故かいつもと違う今日の街 雲が太陽を隠し今名古屋は曇りさ

太陽が姿を見せる いつもの街が戻る ・・・・・・・
昔の街並み残す下町 懐かしさ蘇る
大須門前町さあ歩こう 人情溢れるふれあいの町さ
名古屋ロマンチックだけじゃない とても奥深い街さ ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・


【名古屋物語】

 この曲も高校生の時に作った曲。曲といっても、メロディーの方は作りかけのまま完成しなかったのですが。
「名古屋物語」は名古屋を舞台にした失恋ソングで暗い曲です。この曲の歌詞はほとんど覚えていません(笑)


【Love City NAGOYA】

 この曲は私が高校を卒業し、プロの作曲家を目指そうとキーボードを購入してから初めて作った曲です。自分
の名古屋に対する想いの詰まった曲です。しかしメロディーはあまり明るくなく、名古屋をイメージアップさせる
曲としてはインパクトが足りませんでしたし、レコード会社からは酷評されました。

●歌詞●

悲しい思い出 忘れたい出来る事なら みんなの笑顔が心を変えて欲しい
ときめく街並みが願いを叶えてくれると 信じて歩くのさこの街が好きだから
久屋大通歩いてこの街の全ては分からない 奥深い街なのさ本当は
好きさ大好きさ 悲しみなんて似合わない そんな街さ
緑の大通(みち)きらめく地下街 未来へ向かって走り出せ
名古屋大好きさ この街をもっと知りたい隅々まで
本当の名古屋をみんなに知って欲しい 全てを伝えたい

寂しい別れの場所にはしたくないけど 美しい思い出がこの街に溢れている
楽しいだけでは物足りない そんな気がする 一度の別れなら許して欲しいけれど…
大須門前町歩けばこの街のイメージ変わるかな? 何もかも忘れたいこの街で
好きさ大好きさ さよならなんて似合わない そんな街さ
古い街も新しい街も ここでは友達さいつまでも
名古屋大好きさ これからも変わって行くよ夢の先まで
違う名古屋をもっと知って欲しい 全てを伝えたい 今すぐ伝えたい


【名古屋伝説】

 こんな具合に、モデルチェンジして名古屋の曲ではなくなってしまった曲、詞だけしか出来なかった曲、レコー
ド会社に酷評されたあまり明るくない曲と続いてしまい、「やはり名古屋を題材にして良い曲は作れないのか?」
とは思いませんでしたが、これらの名古屋ソングの総決算として作った曲が『名古屋伝説』!!
「名古屋伝説」は名古屋を舞台にしたラブストーリー的な曲のつもりですが、いきなり「め〜ちゃん〜こ〜♪」と
始まるインパクトのある曲です。
ライブで歌った初の名古屋ソングで、メロディーは明るくてノリの良いポップ調です。

歌詞&視聴


【Rainbow City】

 ライブで歌った名古屋ソングとしては、『名古屋伝説』に続く名古屋ソングの第2弾!
「名古屋伝説」が名古屋を舞台にしたラブストーリーであるのに対し、この曲は私の名古屋に対する想いを歌っ
た曲です。楽曲的にはカッコイイ系、爽やか系の曲ですが、曲の最後は名古屋名物がいくつも登場するなど、
曲と詞にギャップのある曲とも言えます。
この曲は自分の高音強化を目的に、他の曲よりもキーを高めに設定してあります。

歌詞&歌視聴


【サカエタイフー】

 ライブで歌った曲としては3曲目の名古屋ソング。栄にスポットを当てた曲です。このところ栄から名駅に人が流れ、
以前よりも活気が無くなったと言われる栄を、日本の、そして世界の台風の目にしたいという願いを込めた曲です。
歌詞の中には栄のデパートやファッションビル、夜の歓楽街などの名前が登場します。また、名駅や大須、東京の
名前も登場します。
マイナー調のイントロで始まり、ラップ調のAメロ、ゆったり系のBメロ、爽やか系のサビ、と展開が変化していきま
す。

歌詞

ライブ動画

【尾張七代藩主・徳川宗春】

 ライブで歌った曲としては4曲目の名古屋ソングとなったのが、この『尾張七代藩主・徳川宗春』。
今までライブでそこそこウケた名古屋ソングはありましたが、爆発的に受けた曲はありませんでしたが、この曲は
ライブ初披露で大ウケとなりました!
現在の名古屋における様々な文化の礎を築いた“名古屋の英雄”の事をもっと沢山の人に知って欲しいと思い、
この曲を作りました。
曲中にはお寺の鐘、鼓、大正琴といった、名古屋と関わりの深い音や楽器も使用しています。

歌詞

ライブ動画


【それゆけ!きしめん!】

 ライブで歌った5曲目の名古屋ソングが『それゆけ!きしめん!』。
「名古屋めし」と呼ばれる名古屋名物が全国から注目される中、きしめんの存在感が薄れてきており、そんなきし
めんの良さを多くの人に知って欲しいと思いこの曲を作りました。
この曲は一昔前の戦隊ヒーローの主題歌をイメージして作ってあります。

歌詞

ライブ動画


【ダンスdeあんかけスパ】

 ライブで歌った6曲目の名古屋ソングが『ダンスdeあんかけスパ』。
名古屋ソングといっても、歌詞の中に『名古屋』という言葉は1回しか出てきませんが。
私が個人的に一番好きな名古屋めしがあんかけスパなのです。しかしあんかけスパは名古屋の男性には絶大な
人気を誇っていますが、女性には少し敬遠されがちなのです。
そんな名古屋以外の地域ではほとんど馴染みのないあんかけスパの事を多くの人に知って欲しくてこの曲を作り
ました。

歌詞

【名古屋の和菓子】

 実は隠れた和菓子処でもある名古屋。そんな名古屋の和菓子処としての認知度アップのために作ったのがこの
『名古屋の和菓子』。
あまり個別の店名を出すのも如何なものかと思い(商品名は登場しますが)、その中で歌詞を埋めていくのに苦労
し、岐阜県や三重県の和菓子についても取り上げています。

歌詞

ライブ動画


【名古屋魅力発見】

 「魅力のない街」などと言われている名古屋の魅力を多くの人に伝えたいという想いで作った曲。
名古屋コーチンを意識して曲の出だしと間奏、最後の部分にニワトリの鳴き声を入れユニークな面がある一方で
アレンジを含めた曲全体的にはかっこ良く仕上がっているのではないかと思っています。
歌詞は1番は名古屋の歴史的な魅力について、2番は名古屋の注目スポットについて取り上げています。

歌詞

ライブ動画